本当におすすめな法人向けクラウドストレージ(オンラインストレージ)はこれ!比較してご紹介!

有料のオンラインストレージを使用するメリットとデメリットは?

大量のデータをパソコンに保存していると、容量が不足し拡張が必要となることもありますし、パソコンが壊れてしまった場合はデータがすべて消えてしまうリスクもあります。

そこでオンラインストレージを活用してインターネット上にデータを保存する人も増えています。

ここではオンラインストレージの特徴や導入するメリット、さらにデメリットがないかも調べていきます。

 

大量のデータの保管で悩んだら活用してみよう

 

現在では大量のデータもパソコンやSDカードなどにコンパクトに保存できる時代です。

それゆえデータの管理も以前もより楽に行えるようになりましたが、画像や映像などのデータは容量も大きいこともあり、すぐにハードディスクがいっぱいになってしまうことも珍しくありません。

その場合はハードディスクの増設などの拡張で対応できることもありますが、拡張となると手間も掛かりますし、もしもの故障の場合は大切なデータが一瞬で消えてしまうリスクもあります。

データはこまめにバックアップするなどで消えてしまわないよう対応はしておきたいところですが、より手軽にデータの管理をしたいと考える人は多いものです。

そこで注目されているのがオンラインストレージです。これは自分のパソコンにデータを保管するのではなく、オンラインストレージ業者が用意しているサーバーにデータを保管するサービスです。

それゆえ、パソコンの容量を気にすることなく大量のデータを保管できますし、IDやパスワードがあれば、別のパソコンやスマートフォンからアクセスできるのも便利です。パソコンが壊れたときもデータを失わずに済むのもメリットといえるでしょう。

 

無料と有料のサービスがある

 

オンラインストレージには無料のサービスと有料のサービスがあります。

無料のサービスは費用の負担がなく気軽に利用できるのがメリットです。

とはいえ、無料で使える容量には限りがありますので、大量のデータを保管したいという人はそれだけでは満足できない場合もあります。より多くのデータを保管したいのであれば有料のオンランストレージの利用も考えていきたいところです。

有料の場合はより多くのデータを保管できますし、サービス内容もより充実していることが多くなっています。

インターネットがつながるところならどこからでもアクセスできますし、バックアップを取る手間が軽減できます。

企業の場合は自社サーバーでシステムを作るとなると手間も費用も掛かりますが、オンラインストレージなら初期費用も抑えられ、すぐに使えるのもメリットといえるでしょう。

料のオンラインストレージはメリットも多くありますが、実際に利用する前にはデメリットがないかも知っておきたいところです。

まず、有料となると毎月の利用料金が発生します。そして、オンラインストレージにかかわらず、インターネット上のサービスを利用するにはIDやパスワードが必要ですので、忘れてしまうと利用できなくなってしまいます。

それゆえ、IDやパスワードの管理はしっかり行っておく必要があります。

デメリットとしてはセキュリティ面の不安もあげられます。第三者にハッキングされてしまうと大切なデータが盗まれる、流出する可能性があることは知っておきたいところです。それから大地震など自然災害があった場合、サーバーにも被害が出た場合はデータの復活は難しくなることも考えられます。

 

契約する際は信頼できるサービスを選ぼう

 

有料のオンラインストレージを活用する際は、まずは利用費用を比較してみましょう。

長く使い続けるのであれば、長期にも無理なく続けられる金額であることも大事です。

とはいえ、ただ安いからと安易に選んでしまうとトラブルが発生する可能性もありますので、費用の安さだけで選ばずに業者の信頼性や実績は良く確かめておきましょう。

特に企業の場合はデータの流出は大きな問題となりますので、セキュリティ面がしっかりしている業者を選ぶことが大事です。

そしてもしもの災害の際に大切なデータが消えてしまうことのないよう、災害への対策も万全な業者を選んでおきたいところです。

オンランストレージサービスは需要が高まっていることもあり、新しいサービスも続々と登場していますが、業者ごとにサービス内容やセキュリティの強固さには違いがありますので、それぞれの特徴は良く比較し、最適なサービスを選んでいきましょう。

 

パソコンに保管できるデータにも限りがありますが、オンラインストレージを活用すれば拡張をすることなくより多くのデータを保管できます。

バックアップの手間が省けること、パソコンが壊れた際にもデータが守れるなど多くのメリットがあり人気も高まっているサービスです。

無料のサービスもありますが、無料の場合、容量はあまり大きくはありませんので、多くのデータを保管するなら有料サービスの活用も考えてみましょう。

有料サービスを選ぶ際は安さだけで選んでしまわずに、セキュリティ対策がしっかりと行われているか、災害時の対策もきちんと行われているかはよく確認しておきましょう。

サイト内検索
クラウドストレージ関連コラム

法人向けクラウドストレージおすすめ5選

商品画像
商品名ixMark(イクスマーク):株式会社フェアーウェイ
box(ボックス)どこでもキャビネット:大塚商会クラウドファイルサーバー:富士通dropbox(ドロップボックス)
特徴業界一のコストパフォーマンスで初めての導入にも最適ITに強い企業におすすめ!好みにカスタマイズできる低コストで導入可能!初めてのクラウドストレージにも容量少なくても平気なら社員数が多い企業におすすめ!容量無制限で簡単に共有、他サービスとの連携も魅力的
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ