本当におすすめな法人向けクラウドストレージ(オンラインストレージ)はこれ!比較してご紹介!

オンラインストレージを導入する目的とは?

会社運営に必要なものとして情報があり、それらはパソコンやサーバーに保存されています。

これまでは自社内でサーバーを用意するのが一般的でしたが、データを外部のサービスを利用して保存する動きが広まっています。

なぜ広まっているのか知っておきましょう。

 

 

データ量が多くなった時の問題を軽減

会社において重要な資源として、ヒトやモノ、そしてカネが良く言われます。

もちろんそれらは今でも非常に重要な資源ですが、時代の移り変わりによって時間などの重要性が高まっています。

さらにモノの中でも見えないモノの重要性も高まっています。

経営資源におけるものといえば、事業を運営するための設備や機械、自動車などが挙げられるでしょう。

その他機密情報などが書かれた書類もあります。

書類などは金庫やキャビネットに保存されていましたが、今は電子データとしてコンピュータ内に保存されることが多くなっています。

過去の書類データはどんどん電子化されるようになっていて、新たにデータを作成するときは最初からパソコンなどで作成します。

経営が行われていると毎日のようにデータが増えていきます。

一応自社内のストレージにおいてデータは保存できるものの限界があるので、足りなくなれば買い足しが必要になってきます。

オンラインストレージを導入する目的として挙げられるのが多くのデータを保存することでしょう。

自社内でストレージを用意すると限界がありますが、オンライン上のサービスなら上限は非常に大きいところにあります。

まず一般の会社がその上限を使い切ることはないでしょう。

無限とは言えないまでも、どんどん増えたとしても問題なく使うことができます。

もちろん使う量によって金額が変わるようになっていますが、増えた時には契約量を増やすだけなので簡単に対応することができます。

機器の導入費用や管理費用を節約できる

会社で必要なIT機器としてパソコンがあります。

今は社員一人一台が当たり前の時代になっているので、社員が増えればその分パソコンも増やす必要があります。

いつ故障をしてもいいように一定のストックを用意しているところもあるかもしれません。

各社員が利用するデータなどはそれぞれのパソコン内などに保存をしますが、共通で利用するデータなどは会社の方でまとめて保存をしています。

その他電子メールのデータであったり、ホームページのデータなどを保存するときもあります。

共通で利用するデータに関しては専用のサーバーを用意する必要があり、さらにはサーバーの管理者を用意しなければいけません。

サーバーは大型のパソコンともいえるので、パソコン同様一定期間ごとに入れ替えなどが必要になります。

データ量が増えれば追加しないといけないときもあります。

サーバーは24時間365日稼働が一般的なので、その分管理者に対する負担も大きくなります。

そこで利用を検討するのがオンラインストレージになるでしょう。

導入する目的としては、データ利用に関する全般的なコストの節約があります。

自社で機器を保有すると当然導入費用などが必要になります。

オンラインサービスを利用すればサービス利用料を支払えば済みます。

オンラインサービスではサービス提供者が24時間365日体制で管理業務を行ってくれるので、自社内に専門の担当者を置く必要がなくなります。

機器に関するコストや人件費を大幅に減らすことができるのです。

天災等によるデータ消失リスクを減らせる

災害が起きると、それによって事業がストップしてしまうことがあります。

地震が起きれば停電が発生する可能性があります。

又ビルが倒壊などをすれば、ビルの中にある機器などはすべて使えなくなってしまいます。

台風などによる水害でも停電などが起きる可能性があり、事務所内に水が浸水してくれば電子機器などが使えなくなる可能性があります。

落雷などによる停電もあり、日頃からいろいろな天災があることを考えながら事業運営をする必要があります。

地震や水害が起きると、まず起きた現場ではしばらく事業が行えない可能性があります。

ただそれ以外の事務所や工場などなら何とか事業が行えるかもしれません。

しかし本社に重要なサーバーなどがあると、事務所などは事業が行えるのに必要な情報が取れない場合が出てきます。

そこでオンラインストレージの導入を検討することになります。

導入する目的として、天災等によるデータ消失リスクを減らすことが挙げられます。

地震や津波、水害などが起きるとそこにあるパソコンやサーバーのデータが使えなくなる可能性があります。

オンラインサービスであれば、外部にデータを保存する仕組みが用意されているので、インターネットに接続ができればデータを取ることができます。

サービスを提供する会社が被災したらどうなるかですが、それらの会社でも一定の対応を行っています。

日本や世界にデータを保存するための拠点を置いて分散管理を行っています。

そのために使えなくならないようにしてくれています。

 

会社の運営を続ければその分データが増えていきます。

外部のサービスを利用すれば、新たに設備を購入する必要はないですし、管理者を置く必要もなくなります。

外部のサービスなら天災などが起きてもデータに影響がありません。

サイト内検索
クラウドストレージ関連コラム

法人向けクラウドストレージおすすめ5選

商品画像
商品名ixMark(イクスマーク):株式会社フェアーウェイ
box(ボックス)どこでもキャビネット:大塚商会クラウドファイルサーバー:富士通dropbox(ドロップボックス)
特徴業界一のコストパフォーマンスで初めての導入にも最適ITに強い企業におすすめ!好みにカスタマイズできる低コストで導入可能!初めてのクラウドストレージにも容量少なくても平気なら社員数が多い企業におすすめ!容量無制限で簡単に共有、他サービスとの連携も魅力的
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ