本当におすすめな法人向けクラウドストレージ(オンラインストレージ)はこれ!比較してご紹介!

法人向けのオンラインストレージ、保存期間は決まっている?

今の時代はデータの保管はオンラインストレージで行うということが当たり前になりつつありますが、身近になったことからサービスを提供している業者も増えています。

選択肢が豊富にあるのは良いことといえますが、いざ利用を考えた時にはどの業者を選べば良いのかで悩むのではないでしょうか。

どれを選んでも大差はないと考えてしまいがちですが、業者により料金や規模、セキュリティー面を始めとし異なる点は多岐にわたるのでよく比較してから選ぶようにしておかなくてはなりません。

法人での利用となれば、大切なビジネスの情報も詰まっていることになり、情報漏洩しないことが必須ということは確かです。

それのみではなく、長期にわたり利用するケースが多いので保存できる期間はどの程度かが気になってくるのではないでしょうか。

保管できる期間に関しては、サービスを提供している業者による違いがあるので、あらかじめチェックしてから選ぶようにしておかなくてはなりません。

無料か有料のサービスかによる違いとは?

一口に業者といっても数多く存在していますが、選ぶ際にまず気になるのは無料か有料なのかという点ではないでしょうか。

金銭面の違いは比較しやすいポイントでもあり、少しでも無駄な費用を削減するためにも無料のものを選択するという人もいます。

しかし無料のものとなれば保管期間が決まっているケースが大半ということは頭においておかなくてはなりません。

有料の場合には、その利用契約が締結されており、なおかつサービス事業者が提供し続ける限りは、無期限に保管することが可能となっています。

それに対して無料のものの場合には、サービスで定められている期間にログインやデータ保存などの特定のアクションがない場合には強制的にデータやアカウントが削除されてしまうケースも多くなっています。

もちろんアカウント期限に関する通知はありますが、利用開始時や有効期限の直前となっているのが一般的であり、忘れてしまっていたり見落としてしまうというリスクもあります。

それにより重要なデータが削除されてしまうとなれば、個人ならばまだしも、企業としては大きな損失につながってしまう恐れがあります。

大容量のデータを無期限に保管することができるサービスということもあり、便利ですが提供事業者によって制約があるケースもあるので、利用する前にはしっかりとチェックしておき正確に把握しておくことが重要になってきます。

無料のものよりも有料のものを利用した方がリスク軽減につながることは確かではないでしょうか。

保管期間とデータ容量をチェックしておく

有料の場合の料金体系は、最低利用期間がある月間タイプと一年ごとに更新する年間タイプがありますが、年間支払の場合には、毎年更新手続きが必要になってきます。

容量は利用の開始時から無制限に保存していくことができるタイプもあれば、小さな容量からディスクを追加していき、容量を増やしていくことができるタイプのものがあるので、取り扱うデータの容量を把握し適しているタイプを選ぶようにしておきましょう。

無料のタイプは保管できるデータの容量もそれほど大きくない場合が多いですが、有料のタイプはデータ容量が大きい傾向にあるのも特徴です。

容量や使い勝手の良さは注目しておくべき点となりますが、保管期間の違いにも注目しておくことが大切です。

保管期間が半永久的となっている場合でも、利用の途中で規約内容に変更が起こるという可能性もあるので、時折確認しておくようにするべきではないでしょうか。

情報漏洩というリスクも考えておく必要はありますが、保管期間をうっかりすぎてしまったり消えてしまうなどのリスクを減らすためにも、複数を利用するというのも一つの手段といえます。

もちろん保管先が増えればその分情報漏洩のリスクも高まってしまうことになるので、信頼できるサービス事業者を選ぶことが大切です。

注意しておかなくてはならないポイント

有料のサービスならば半永久的に保管してもらうことができ利用が可能と考えてしまいがちですが、サービスを提供している業者が潰れてしまうと、当然ながら保管もしてもらえなくなってしまうので気をつけなくてはなりません。

サービス提供が終わる時には、終了の知らせが届くことになりますが、こまめにチェックしておくことが大切になってきます。

それのみではなく、保管期間は半永久的でも、情報漏洩の危険性はあるということも頭に置いておく必要があります。

 

気軽に利用することができるのは、無料で利用することができるオンラインストレージサービスですが、無料の場合には決められたアクションを起こしていない場合には、定められている期間を過ぎてしまうとアカウントの消滅やデータの消滅につながることが多いということは頭に置いておかなくてはなりません。

頻繁に利用する場合には問題はありませんが、法人向けのタイプとなればデータの容量も大きくなる必要が出てくるケースが多く、そうなればやはり有料のタイプを利用するべきではないでしょうか。

サイト内検索
クラウドストレージ関連コラム

法人向けクラウドストレージおすすめ5選

商品画像
商品名ixMark(イクスマーク):株式会社フェアーウェイ
box(ボックス)どこでもキャビネット:大塚商会クラウドファイルサーバー:富士通dropbox(ドロップボックス)
特徴業界一のコストパフォーマンスで初めての導入にも最適ITに強い企業におすすめ!好みにカスタマイズできる低コストで導入可能!初めてのクラウドストレージにも容量少なくても平気なら社員数が多い企業におすすめ!容量無制限で簡単に共有、他サービスとの連携も魅力的
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ