本当におすすめな法人向けクラウドストレージ(オンラインストレージ)はこれ!比較してご紹介!

PCの空き容量が少なくてもオンラインストレージを使用できる?

オンラインストレージを使えばビジネスをより効率化できますが、オンラインストレージを初めて使う際には何かと疑問も生じるものです。

例えば、オンラインストレージはPCの空き容量などが少なくとも利用できるのでしょうか。

また、インターネット回線はどのくらいあると良いのでしょうか。

このようにストレージサービスを初めて利用する際には疑問が付きませんが、ここではそんな疑問について答えていきましょう。

 

オンラインストレージを使うためには

オンラインストレージを使う際には自分のPCがオンラインストレージの最低利用条件を満たしているか確認しておくと良いでしょう。

こうした最低利用条件についてはオンラインストレージ側で公開しています。

例えば、PCの空き容量には気をつけておきたいところです。

空き容量が少ないと、オンラインストレージからダウンロードする際に問題になることがあります。

空き容量が少ないとパソコンの動作も不安定になりますから、これからオンラインストレージを使う際には空き容量も20GB程度あると良いでしょう。

特に大容量のファイルをダウンロードする際には、空き容量を食うだけでなく時間もかかりますから気をつけておきましょう。

インターネット回線速度もポイントです。

ストレージによっては、インターネット回線速度が遅いとかなり使いにくいと感じる可能性があります。

特に動画などをストレージサービスにアップロードして共有するといった場合には、やはりブロードバンド回線が欲しいものです。

こうしたインターネット回線は、特にビジネスでオンラインストレージを使うならば気をつけましょう。

オンラインストレージを会社として使い出すと一気に回線使用量も上がってきて、それまでのインターネット回線では対応できなくなることがあります。

このため、ストレージサービスを導入するのに合わせてインターネット回線も新しくしておくようにすると良いでしょう。

インターネット回線だけでなくブラウザOSなどについてもチェックしておきましょう。

例えば、ストレージによっては特定のブラウザでないと利用できない場合があります

専用ソフトウェアを利用するストレージサービスもありますが、ソフトウェアにOSが対応していないこともあります。

こうしたことも確認して、導入後に後悔しないようにしましょう。

 

ストレージサービスを使う際のポイントについて

これからストレージサービスを使うならばしっかりとフォルダ分けなどをしておくと良いでしょう。

こうしたことをしないとどこにどんなファイルがあるのかわからなくて困ることがあります。

特にビジネスでストレージサービスを使うならばこうしたことは十分用心しておくべきです。

整理されていないストレージサービスはビジネスの効率性を高めるどころビジネスに支障をきたすなんてこともあるからです。

他にもストレージサービスのファイルは定期的に整理しましょう。

不要なファイルをそのままにしておくとデータ容量も食いますし、どこに何があるのかわかりにくくもなります。

こうしたストレージサービスの責任者を決めておくのもおすすめです。

ストレージサービス利用時によくあるトラブルもあります。

例えば、重要ファイルが権限のない社員に勝手にダウンロードされてしまったり改ざんされてしまうということです。

こうしたことを避けるためにもパスワードなどをファイルごとに設定しておくということもありです。

ストレージサービスは便利ですが、しっかりと管理をしないと思わぬトラブルになることもあるのです。

 

ストレージサービスをよりうまく使う

よりうまく使うためにもストレージサービスは部署ごとに契約するのもありです。

こうすることで余計な相手にファイルを見られないでも済むようになるといったメリットがあります。

部署ごとに契約するとコストがよりかかることもありますが、それだけうまくストレージサービスを使えるようになるのでおすすめです。

ストレージサービスにアップロードするファイル用に命名規則を定めるといったこともおすすめでしょう。

こうすることで目的にあったファイルをダウンロードしやすくなってきます。

こうしたルール決めをしっかりしておくかどうかによって大きくストレージサービスの効率性も変わってきます。

このようにストレージサービスを使う際にはポイントも多いものです。

ストレージサービスは便利ですが、使い方次第でその便利度も大きく変わってきます。

 

ストレージサービスを利用する際には最低利用条件について気をつけておきたいところです。

また、利用するにあたりインターネット回線などを新しくしたり、契約は部署ごとですると良いでしょう。

そして、ストレージサービスは定期的に整理するといったことも必要になってきます。

ストレージサービスの命名規則を定めるといったようなこともおすすすめですが、このようにストレージサービスをうまく使いたいならばいろいろと工夫することが必要になってきます。

サイト内検索
クラウドストレージ関連コラム

法人向けクラウドストレージおすすめ5選

商品画像
商品名ixMark(イクスマーク):株式会社フェアーウェイ
box(ボックス)どこでもキャビネット:大塚商会クラウドファイルサーバー:富士通dropbox(ドロップボックス)
特徴業界一のコストパフォーマンスで初めての導入にも最適ITに強い企業におすすめ!好みにカスタマイズできる低コストで導入可能!初めてのクラウドストレージにも容量少なくても平気なら社員数が多い企業におすすめ!容量無制限で簡単に共有、他サービスとの連携も魅力的
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ