本当におすすめな法人向けクラウドストレージ(オンラインストレージ)はこれ!比較してご紹介!

法人向けのオンラインストレージ選びは速度も重要!

法人向けのオンラインストレージは、それぞれ機能が異なります。

各サービスの保存容量は異なりますし、ユーザー数の違いもあります。

ダウンロードとアップロードの速さも異なり、それは軽視できないポイントの1つです。

 

ストレージによりアップロードの速さは異なる

ストレージのサービスには、色々あります。

WEBに関する様々な会社がそのサービスを提供している訳ですが、それぞれ速さに関する違いがあります。

例えば、アップロードする速さです。

その速さは、Mbpsという単位で表現されます。

Mbpsが180前後のサービスもあれば、190前後のサービスなど、それぞれ数字は異なる訳です。

その数字が大きいほど、速やかにダウンロードできます

ちなみに55と20と180と190という数字があります。

その4つの数字が何を示すかというと、ある4つのストレージサービスのアップロード速度です。

もちろん190のサービスが、一番高速になります。

ですから速さを重視するなら、190のストレージが候補になります。

 

アップロードの速さが重要な理由とは?

法人にとっては、アップロードの速さは軽視できません。

というのも、業務内容によってスピードが求められる事があります。

納期や締め切りがあって、速やかに作業を完了させたいと望んでいる法人も多いです。

もしもMbpsの数字が低いと、アップロードは時間がかかりますから、納期に間に合わなくなる可能性があります。

またアップロードが遅いと、作業効率が悪くなり、ストレスも溜まってきます。

多くの企業では売上数字も追求していますが、売上を高める為には、作業スピードも大切です。

ですから法人向けのストレージを選ぶ時は、各サービスの速さは確認する必要があります。

 

ダウンロードの速さも軽視できない

速度に関しては、ウンロードもあります。

一旦はストレージにデータを保存した時、後でそのファイルなどを使いたくなる場合があります。

ところがダウンロードが遅いと、なかなかデータを取り出せない訳です。

動画サイトなどでも、再生までに少々時間がかかる事もあります。

それと同じく、ストレージのダウンロードが遅ければ、時間がかかってしまいます。

もちろんダウンロードが遅いと、業務効率も落ちてしまいますし、急いでいる時には困ります。

ですからダウンロードが早いかどうかも、ストレージを選ぶポイントの1つになります。

 

ダウンロードとアップロードの速度は、オンラインストレージの各サービスによって異なります。

ダウンロードの数字も、30Mbpsや65Mbpsや88Mbpsなどの違いがあり、数字が大きい程速度も速くなります。

効率良く業務を進めたいなら、高速なサービスを選ぶと望ましいでしょう。

サイト内検索
クラウドストレージ関連コラム

法人向けクラウドストレージおすすめ5選

商品画像
商品名ixMark(イクスマーク):株式会社フェアーウェイ
box(ボックス)どこでもキャビネット:大塚商会クラウドファイルサーバー:富士通dropbox(ドロップボックス)
特徴業界一のコストパフォーマンスで初めての導入にも最適ITに強い企業におすすめ!好みにカスタマイズできる低コストで導入可能!初めてのクラウドストレージにも容量少なくても平気なら社員数が多い企業におすすめ!容量無制限で簡単に共有、他サービスとの連携も魅力的
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ